メニュー

呼吸器内科

「COPDという病気について」

COPD(Chronic Obstructive Pulmonary Disease)は慢性閉塞性肺疾患と訳されます。

おもに喫煙で肺がこわれて、息切れがおきる病気です。

COPDの始まりは無症状ですが、病気が進行すると、息切れや、痰など症状が出てきます。

初めは階段とか運動で息切れの症状が現れますが、

重症化すると、動かないでいても酸素が欠乏して酸素吸入療法が必要になります。

また、体調の変化や気圧の変化などで、普段何でもない方でも「急性増悪」(きゅうせいぞうあく)を起こします。

「治療について」

喫煙されている方には、まず禁煙が必要です。

症状の段階によって、吸入薬(吸い込む薬)による治療を行うことがあります。

呼吸のリハビリテーションとして、運動療法や呼吸トレーニングによって改善を図っていくこともあります。

自覚症状が無くても、特に喫煙されている方は、COPDである可能性がありますので、当院にご相談ください。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME